自転車修理

 リアディレイラーの変速がきかなくなった自転車をプレミアに修理に持って行く.事故で壊れた先代チネリから取り置いたパーツを持って行って交換してもらう.バーテープをこれまでのコルク入りから薄手の皮革様のものに換えたのでハンドルがスマートに見える.ハンドルからの衝撃が増えたのがどうなるか、様子を見ることにする.

 故障したものを分解するとバネの一つが長年の酷使で折れていたそうだ.カンパは細かいパーツまで交換部品が在庫されているので部品交換で直るそうだ.一体整形のシマノではこういう訳にはいかないそうで、会社のポリシーの違いがこんなところに現れる.こちらも修繕をお願いし、予備とする.ペダルにもガタがきており調整をお願いするが完全には直らず近いうちに交換の予感.